So-net無料ブログ作成

10万HIT達成! というわけで、ちょっと毛色を変えて… [所感]

神居鈴(以下、神)「白さん白さん」
白詰草(以下、白)「なんですか神居さん」
「トップページのカウンタがすごいことになってるよ」
「おやまあ、なぜか値が0行進ですね。so-netのサーバー管理人を呼びつけましょう」
「いやいやいやいや、違う違う。CGIのファイルがトンで0に戻ったとかじゃないから。ウチの会社じゃあるまいし」
「さりげなくヒドいこと言ってますね」
「たまにケアレスミスでファイルのロック忘れるとねぇ」
「給料泥棒ですね」
「…頑張ってるんだよ、これでも」
「で、いったいどうしたとですか」
「なぜエセ九州弁に。…えっと、カウンタが10万HITに達してるのね。6桁目がホラ、1でしょ」
「おおー。……え、たった10万HITに7年もかかっ…」
「ゲフンゲフン。都合の悪いことは言わないように」
「いや、トップページの下の方に開設日が書いてあるから、見れば誰でも…」
「そーうーだーけーどー」
「意地張らないで、楽になりましょうよ。ほんとは判ってるんでしょう?」
「…いや、意味判らないから。うーん、5年くらい更新してなかった時期があったからなぁ。実質の稼働って、せいぜい2~3年てとこだよ?」
「…人気のあるところは、1年で100万HITを優に超えますが」
「……いいんだよ、マイナーで。Web拍手の管理ページにログインしてはため息をつく毎日もオツなもんです」
「何を言ってるんですか、後ろ向きな。だいたい、最近新作書いてんのは私だけで、神居さんは沈黙の艦隊もイイ所じゃないの。拍手なんてあるわけねえー」
「うるさいなぁ。誰がサイト管理してると思ってるんだ。文章の各所に『禁則事項です』のgif貼るぞ」
「地味な嫌がらせですね。しかも無理してハルヒネタ。アニメ観てないくせに」
「ハルヒネタというか、アンサイクロペディアのパクリなんだけど」
「またそんな、重箱の隅をつつくような…」
「どうせ、ここ数年は誤植探ししかしてねえよーだ」
「拗ねないでください。キモイから」
「……」
「ま、何はともあれ、これで一つの目標は達成できたってところですか」
「そうだねぇ。サイト開設最初期の目標は500HIT。その次は1万HITを目指して、それを達成したら10万HITが目標になり…」
「500HITて…」
「チャット仲間のためだけに作ったサイトだったもの。URLもあの頃の仲間数人だけにしか教えてなくて。外部からのリンクも、自動リンクに一つだけ登録したのみ」
「虚しくなりませんでしたか」
「ならなかったなぁ。そんなこと考える余裕がなかったのね。PCを触り始めたばかりの頃で、できることと言えばWord95で文章を書くとか、チャットするとか、せいぜいその程度。回線も33.6kbpsなんていう、現代の感覚で言えば超ナローバンドでね」
「1MBのメールを送ると『嫌がらせ』認定された頃ですね」
「そうそう。で、HTMLなんて当然判らなくてさ。なんと、草創期はWordのHTML変換機能を用いてページを作ってたのね」
「HP作成ソフトすら使わずですか」
「うん。そんなソフト、あることすら知らなかったもの。HPビルダーをようやく導入したのは、3ヶ月後くらいだったかなぁ」
「そりゃ大変だったでしょう」
「大変だったなんてもんじゃない。右も左も判らないまま勢いだけで始めたもんだから、毎日が勉強勉強勉強! ガイドブック片手に『リンクって何?』『タグって何?』の日々。だから、カウンタの回転とかSEOとかファインダビリティとか、そんなん考える余裕なんて全然無い。ひたすら、ページメンテに追われる毎日」
「白鳥は水面下の動きを悟らせず…」
「…だったらまだカッコ良いんだけど、あの頃は裏面のバタバタがもろにページに表れてて。リンク先がCドライブとかしょっちゅうあった(笑」
「…そんなんでよくSEになれましたね」
「自分でもスゲーと思う…。まあ、だから虚しいなんてね、考えもしなかった。己の文章力だけを頼りに、レイアウトもへったくれもないサイトを何とか楽しくしようって」
「ところで"へったくれ"ってどういう意味?」
「……君、ひょっとして私のこと嫌い?」
「イヤイヤ、マサカ、ソンナ」
「なぜ半角に」
「ともかく、自転車操業と長いブランクを経ながら、細かいハードルも越えつつ、10万HITまでたどり着いたと、まあそう言うことですよね」
「…うん、まあ、2行でまとめるとそうなんだけど…」
「で、とりあえず目標は達成したから、サイトは閉鎖、と」
「いやいやいやいやいや! まだ閉めないから!」
「ええー…」
「なんで残念そうなのよ! だいたい白さん、ToHeart2SSの予告した奴、まだ全部書いてないじゃん!」
「うん」
「いや、うんて。そんなあっさり」
「さっきのは小粋なジョークてやつです」
「小粋の意味判ってる?」
「SSの方はもちろん書きます。とりあえず、予告したのは書きあげますよ」
「指輪シリーズとか、また1年くらい新作がないとかは…」
「はっはっは」
「なぜ笑う」
「まぁ、ぼちぼちとやります」
「10万HIT達成の記念SSとか書かないの?」
「…人に頼む前に、自分で書いたらどうでしょうか。ココちゃんとミリアちゃん、泣いてますよ?」
「いやー、今の来館者さんにマリークレアを提出しても、なんだこれって言われるだけでしょ。99.9999%以上が、ToHeart2のSS目当てなんだから」
「あんたねぇ…。うーん、一つ考えてるのはありますけれども」
「おっ。言ってみるもんだなぁ」
「このみんSSで『柚原このみの優雅な一日』とか」
「どんな話?」
「タイトルしか考えてない」
「テメェ」
「じゃあ、『草壁優季の優雅な一日』ならどうでしょう」
「どうせタイトルしか考えてないんじゃないの?」
「うん」
「……」
「『笹森花梨のミステリィな日々』」
「念のために聞くけど…」
「もちろん、テキトーに言ってるだけ」
「あのねぇ…」
「じゃあ『久寿川ささらの両生類講座』」
「誰が読むんだよ」
「『実録!ダニエル教育の現場』
「実録ってなんだ」
「『小牧姉妹のベッドの中で』」
「R指定はやめて」
「『小牧姉妹の決闘』」
「意味判らん」
「『メイドロボ姉妹の決闘』」
「頭すげ替えただけじゃんか」
「『向坂環の最強への道 ~私より強い奴に会いに行く~』」
「なぜそう格闘技関係に持って行くのよ」
「『るーこと七輪とにゃーのちょっといい話』」
「七輪が微妙…」
「『姫百合瑠璃の3分クッキング』」
「塩チャーハンはのーさんきゅー」
「なら、『姫百合珊瑚のプログラム・パワーチェック』なんてどう?」
「あ、それは個人的には読んでみたい」
「無理だ。私の能力を越えている」
「じゃあ、どう?とか聞くなよ」
「まあ、とりあえず、テキトーに待っててください。なんか書こう」
「…くれぐれも、読者さんを怒らせるようなのは書かないでね」
「善処します」
「ふ、不安だ…。じゃあ、まあ、長くなってきましたし、そろそろ締めの言葉、いっときましょ」
「ラジャ」

神居鈴&白詰草
「いつもいつもごひいきいただき、まことにありがとうございます。みなさまの歩む道に、白い花の祝福がありますように――」

2007年7月11日 神居鈴&白詰草


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。