So-net無料ブログ作成

細切れの日々 [所感]

最近どうもお疲れ気味の神居さんです。花粉症の前触れかな……。やだな。
そういうわけで、というわけでもないのですが、話題も細々としたことばかりなので、内容も細切れに書いてみます(と言うか、いつもが長すぎるんだよね、きっと……)。

■あの夏へ
 夏コミに申し込みました。当落通知は6月くらいになるのかな。初回で当選しているので、2回目の今回は難しいかもしれません。
 なお、相変わらずジャンルはLeaf&KeyのToHeart2。かなり迷いましたが、サークルカットでは「ADの~」というようなことを書いています。ソフトが発売してもいないのに、はたしてどんな本ができるのやら……。
 ところで、この上さらに発売日が延びに延びて、夏コミ以降まで延期されたら大笑いだ。まぁ、この時期になって発売延期はないと思うけども。

■難航するベタ話
 新作のSSが遅れています。ぜんぜん書けてないと言っていいくらいに。単純な構成でささっと書けるかな~とか思っていた話が、予想外に難航している状況。何にも複雑なことはやってないはずなんだけどなぁ……。なかなかうまくいかないモンです。ベタな話って難しい。
 しかも、当初予定していた枚数の5倍以上になりそうな勢い。ここまで豪快に枚数を見誤ったのは初めてかもしれない。

■忍び寄る足音
 何が忍び寄っているかというと、オリジナル小説がね……。数年ぶりのオリジナルを真剣に構築していたりします。
 神居鈴名義でサイコホラー風味のグロ有り小説。リリースした暁にはご注意ください。白詰草名義とは真逆の、読んで鬱になる話です。黒詰草とでも言おうか。タイトルは「日常に至る病」になる予定。たぶん前述の新作SSの次かその次くらいになると思います。
 ……いや、別に本人が病んでいるわけではないですよ。新本格第一世代のミステリーで育ってきているので、たまにそういうのが書きたくなるんです。

■おにいちゃん♪おねえちゃん♪
 「おにいちゃんCD Advance」と「おねえちゃんCD」が発売されていますが、相変わらず低価格で爆笑させてくれます。1500円でこんだけやっていただければ満足です。両方買っても3000円だ。珍しく國府田マリ子が出ているので、かつてのファンも寄って来い来い。
 オススメトラックは「おふろでおねえちゃん」かな。「キャー、お風呂にコブラとマングース入れないで! 戦っちゃうでしょー」。なんだこの姉弟……。

■少女の頃に戻ったみたいに
 ギターの練習はこつこつと。毎日1~2時間ずつやってますが、もうね、学生時代に戻ったかのよう。吹奏楽を始めた頃にやった、基礎練習の反復。毎日ひたすら反復反復反復練習。他の人から見たら、「何やってんだ?」ってなモンですが、なかなか楽しいです。こういうのが性に合ってんのかな。上手くなるならないに関わらずですけどね。
 そういえば、ギタースタンドも買いました。組み立て式で525円(笑)。うーん、やっぱりスタンドに立てると、カッコ良さもひとしおだな。525円だけど。

■さすがに心配になってきた
 なにがって亀田大毅が。追突事故の件で「車はぶつけるもの」という発言をしていましたが、それを受けて協栄ジム側が厳罰示唆しているとのこと。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20080219-00000005-spnavi_ot-fight.html
 発言の是非はともかく、気になるのは亀田の今後でね。世のボクサーの何割かは「ボクシング以外ではどうにもならない」方だと思うんですが、亀田大毅はもうそれの典型じゃないですか。彼からボクシングを取ったら、たぶん何も残らない。まさか歌手でやっていけると思ってる人もいないでしょうし、実際無理でしょう。そうすると、彼の将来はどうなるんでしょうかね。ちゃんと食べていけるのかな。
 これまでは「その内またTBSが試合を放送するんだろう」と思ってましたが、ジムをクビになったらそれもできない。教育者があの親では、堅気の仕事に従事できるような性格にはなってないだろうし、どうするんだろうなぁ。まだ若いのに。色々な意味で可哀相に思います。

■DREAM旗揚げ
 HERO'Sおよび旧PRIDEのスタッフが手を組んで立ち上げる新イベント。谷川EPではなく笹原GMの管理下に置かれると言うことでにわかに注目を集めています。……でもTBSですよ? FEG主宰ですよ? 絶対谷川の手が入ると思う。いかに笹原GMと佐藤Dがいたとしても、これじゃあなぁ。大丈夫なのかなぁ。
 だいたい、DREAMって言うイベント名からしてピンと来ない。スポンサー名を冠するともっとピンと来ない。HEIWA DREAM。田舎のラブホテルみたいだ。
 まぁ、選手は上等な人たちが集まってきているので、一試合ごとのレベルは高くなるかも知れませんけれども。……でも、それもマッチメイク次第だし、出場回数の問題もあるし。心配だな……。
 根が判官贔屓のせいか、どうしても「戦極」を応援したくなってしまいます。

■「らき☆すた」声優ブログ無期限休止 コメントの指摘にショック受けた?
 と言うニュースの話。URLは次の通り。
http://www.j-cast.com/2008/02/19016850.html
 「そして、有名な女性声優の名前をあげ、かつて彼女の文章上の問題を指摘し「矯正」させたことがあるとし、長谷川さんも矯正してあげてもいいとカキコんだ」って、すでにブログのエントリもコメント欄もないので判らんのですが、ニュースを読む限り文章上の問題ではなく事実誤認が原因となっているわけで、いったい文章上の何を矯正するつもりだったんだろうか。
 というか、「その代わり私は厳しいですけれど。教わりたいと言う旨のメールを貴女から届き次第、時間を割き課題とか考えて返信します」がまたスゴイ。原文ママとしたら「メールを貴女から届き次第」という書き方からして、何か日本語とは別のものを教えていただけそうです。「俺、K-1習ってるんだぜ」以来、久々に「自分も教わりたい」と思った。授業料はサンマの開きで良いかな。
 ……なーんて、ね。こんな風に書いたらそりゃ癇に障るわな。
 なんというか、別にこれに限った話じゃないんだけども、どうにも「ユーモアが足りてない」と思うこと多々。いや、むしろ「余裕がない」といった方が良いのかな。「角のある物言いは害あって益ないことを、知らぬわけでもなかろう」というのは鮎川哲也の言葉ですが、もうちょっと気楽に行こうよ。
 ちなみに引用したのは綾辻行人「十角館の殺人」文庫版の解説文から。この解説はいま読んでも本当に「ニヤリ」とさせられる。知性を感じさせる文章というのはこういうのを言い、またこうでありたいと思わせる名文。鮎川先生は偉大だ。

というわけで、細々とした日常でした。
たまにはこういうブログも良いかもね。

2008年2月20日 ――神居鈴&白詰草


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。