So-net無料ブログ作成
検索選択

冬コミレポート(30日) [超個人的]

 まずは重大な発表。
 前回「応援しています」と書いた巫女さんかふぇですが……
 その後、店のブログを確認したら「今月で閉店」とのことで。

 工エエェェ(´д`)ェェエエ工

 てなわけで、Walkway of the Cloverは、巫女さんかふぇを応援し損ないました。ちぇっ。

 話は変わって、ブログの追加パーツについて。
 アガレスト温泉の件で(つっても知らない人にはなんのことやら)Xboxフレンズに登録したのですが、ゲーマータグのパーツが提供されていたのでウチのブログにもアーップ。左側に表示されている、アイマスアイコンの奴がゲーマータグです。ちなみにタグ名は「SabbatChan」です(笑。
 フレは遊び友達から空気までなんでもござれですんで、気が向いたらメッセージ下さいです。
 ちなみに「サバトちゃん」というゲーマータグには、いろいろと由来がありますですが、まぁそんなことはどうでもいいか。なお、アバターが金髪ねーちゃんなのは、どうにかしてサバトちゃんに似せようとした成れの果てであり、いかに本人のデザインセンスがローレベルであるかの証左でもあります。ダテに美術で2(それも10段階)を取ってないぜ!


 さて、では今回の本題に入ります。冬コミレポート2日目。おいおい、もう当日から半月以上経ってるぜ。

~明け方~

 当日の朝はあわただしいです。サークル参加者は9時30分までに会場入りしなくてはいけません。平常時であれば普通に起きて普通に電車に乗れば問題ないのですが、ことコミケ当日ともなればそうもいかない。
 なんせラッシュは200%(テキトー)。ヘタにのんびり来た日には、会場に到達できない可能性も考慮しなくてはいけません。
 いや、実際そこまで厳しいわけではないのですが、こういう祭りの日にはあらゆる障害ケースを想定するのが出展者の義務だと思うです。無数の落選者から少しずつ頂いた運気によって手に入れたスペース。原稿を落として本を出せないとか、当日遅刻してスペースに誰もいないとか、そんなことはあってはいけません。とにかく、何が何でもブースを整理し、本を出展する。それがサークル参加者のつとめです。

 というわけで当日は5時起き。本日の同行者・眠そうなひかりさんを叩き起こして、朝6時前には宿を出発。まだ薄暗い中、南北線から山手線に乗り換えて大崎駅へ。そこからりんかい線に乗り換えて、国際展示場駅で下車です。

 さぁ~~~~~~、混んでるぜ!

 おいおい、まだ7時前だぜハニー。この時間からりんかい線は満員御礼、駅を降りても人人人、無数の人だ。どこからこんなにうようよ湧いてきたんだってなもんですが、そういえばそのうようよの中の一人が自分だったっけ。
 何はともあれ、人の流れに乗って会場までてくてくと。ついでに帰りの切符を入手しておきます。帰りは帰りでスゲー混みますからね……。
 それにしても、もうこの時間から長蛇の列ができてます。この列は一般参加の方達ですが、もうどこが最後尾なのか分かんないレベル。まぁ前に一度だけ一般参加したことがあるので、列ができる過程も知っているわけですが、改めてみるとすごい光景だ。
 ちなみに自分が一般参加した時は、4時くらいに現場に到着しまして列に並びました。始発前に来たというのに、既にやぐら橋を前方に見据える位置という場所だったのにびっくりした覚えがあります(笑)。あの時は夏でしたが、今日は冬だぜ。徹夜組、死ぬなー。
 ……ところで、今回はひかりさんと2人だけで来ているので、サークル参加チケットが1枚余っているわけですが……。
 いろいろ凄いことになりそうだから、隠しておきましょうね(笑。

 さて、やぐら橋を渡って徹夜組のギラついた目を横に歩くと、やがて入り口が見えてきます。係員にチケットを見せて中に入れば、ぬくぬく暖房(というほどでもないけど)。順路を進んで東館までたどり着けば、今回の城、Walkway of the Cloverのスペースです。


~暇つぶし~


 準備はひとりでできるレベルのため、ひかりさんには自由行動してもらうことにします。何しろ、絵が描ける人材がウチにはいないので、華やかなポスターもなければ目立つ幟もありません。本の種類もせいぜい5種類なので、やぐらを組むこともなし。やることと言ったら、テーブルクロスを引いて、本を置いて、価格のPOPを置いて、コルクボードに名刺サイズのPOPを画鋲止めして、お釣りを用意するだけ。案の定、10分で準備完了。ただいまの時間は8時00分。開場まであと2時間。

 ……ヒマだ(笑。

 しかたないので、スペースに配られていた宣伝チラシの類を整理する作業に没頭。これだけでも良い暇つぶしです。
 なお、一般参加者の方にはなじみがないと思われるので少し説明しますと、サークル参加のスペースには、あらかじめ同人サークル向けのチラシが配られているのです。それも、全部まとめて整理して配っているわけではなく、チラシの配布元さんが一枚一枚スペースに配って回っているらしい。おかげで、サークル参加者が到着する頃になると、スペースの椅子の上にごちゃごちゃと100枚くらいのチラシがどかっと置いてあるわけです(笑。
 なので、全てのサークル参加者がスペースに到着してまずやる作業は、このチラシを除去すること。問答無用で捨てに行く人もいれば、私みたいに束ねて持ち帰る人まで様々。
 ちなみに、内訳で多いのは地方イベントの宣伝と、印刷所の宣伝。あとは同人ショップとかメイドカフェのイベントのお知らせとかですね……。名古屋の閑古鳥イベントのチラシまで入っていたのには驚きです(笑)。頑張ってるなぁ、本命。

 チラシを眺めながらしばらく経つと、本日の右隣さんが到着です。その後、続々と左隣さんやら、そのまた向こうさんやらが到着。右隣さんはどうやらイラスト本なので、SS系サークルのいちばん初っぱながウチみたいですね。おお、別にすごくないけどなんとなく嬉しい(笑。
 その後はお隣さん、特に右隣さん(サークル「MARIMO☆カレー」の雄太郎氏)と話が合ったおかげで、退屈することもなく時間が過ぎていきます。

 雄太郎氏「格闘技好きなんですか」
 白詰草 「好きですねぇ。観るばっかりですが」
 雄太郎氏「HAYATO知ってます? 俺、あの人のキックの練習に付き合った事あって」
 白詰草 「へぇー。キックミットか何かですか?」
 雄太郎氏「そうそう。ミット持って。同じ道場なんですよ、俺」
 白詰草 「やっぱ強い?」
 雄太郎氏「あれは人間じゃない」

 うん、どこにも萌え成分がない。君たちは本当にコミケでギャルゲの同人売るのかねと。
 ちなみに左隣さんは、こちらののんびりした空気とは真逆の緊迫した雰囲気を醸し出してました。
 しきりに携帯電話で相方さんか誰かと連絡を取っていたらしいですが、ついにペンで「売り物無し」の文字を書き書きと。
 どうしたのかと聞くと、FedEx Kinko'sでトラブルがあったらしく、印刷が間に合わなかったらしい。当日の朝に原稿を印刷屋に持っていって、コピ本を作ろうとしていたのですね。おかげでその日は刊行物ゼロ。内容チェックの係員さんも気の毒そうでした。
 ちなみに、もうひとつ向こう隣の「なむさん堂」さんも同じ手法で作っていたようです。意外にメジャーな手法なのか? なお、なむさん堂さんの方はきっちり用意できていたらしく、朝からホチキス留めに精を出しておられました。左隣さんは不運だったですね。
 まぁ、こう参加者が多いと、それぞれに悲喜こもごもです。他にもこういうサークルさんがいたのかな……。


~いよいよ開場~


 時間はいよいよ10時。場内アナウンスで、開場されたことが伝えられます。
 そうすると、入り口当たりから続々押し寄せてくる一般参加の人たち。「走らないでくださーい!」という係員の叫びも虚しく、まだ人通りの少ないスペース間の通路を走る走る。ウチの前の道もね、ええ、走っていかれました、たくさんの人が。ちょっと寂しい。壁サークルは強いです。
 とはいえ、そんなことは前回の時にも体験済み。最初の一時間で一冊売れれば、後はそれなりに流れに乗れるかー、ってなもんです。ちなみに前回は最初の一冊を売るまでに45分かかりました。うん、まぁそんなもんだ。ぐすん。

 ところが、今回は何か違っていたものか、30分後くらいに早々と(早々……?)一冊目。新刊ではなく旧刊の「時には星座を数えるように」だったのが多少納得できませんでしたが、ともかく売り上げには違いない。
 おお、何か今日は調子が良いのかも知れないぞ。幸先いいじゃないか。
 とりあえず、前回以上の売り上げは見込めそう。手ぶらで帰れれば万々歳だ。がんばるぞー。


~友人来訪~


 11時くらいになると、友人M氏が、彼の友人Y氏とともにスペースに来訪。ちなみにどちらも本職の声優なので、名前はイニシャル表記でご勘弁。
 何か手伝うことはないかというので、デジカメを渡して「これで可愛いコスプレの女の子撮ってこい」とムチャ要求をする白詰草。まぁ長年の付き合いならではです(笑。
 ぶっちゃけ、壁の人気サークルでもないので、手伝ってもらうこともないからね……。

 ちなみに、二時間後くらいに戻ってきた際に返してもらったデジカメに保存されていた画像が次のものです。


おにゃのこ1 おおお、可愛い。うん、良い仕事してるじゃないか。










おにゃのこ2 こっちも可愛い。ちゃんと撮ってきたようだな。















 ……と思っていたら、女の子はこの2枚しか撮ってなかったよ。
 それ以外は、以下の3枚しか入ってなかった。




やる夫 おめーは、やる夫メシウマAAのどこにどう萌えを感じてると言うんだ。というか女の子ですらない! ……中身が女の子とかないよね?








桃白々 桃白々とは懐かしい。懐かしいけど、萌えないよ!










美味しんぼ 美味しんぼの被り物……('A`)。なぜこれを被写体に選んだのか、小一時間問い詰めたい。







 白詰草「萌えない! まったく萌えないよ!」
 M氏 「だって、声かけるの恥ずかしいし(´・ω・`)」


 お前は思春期の初恋ガールか! とりあえずこのAAの出番だな。

00981_half.gif

 直書きだとズレるので画像で。ちなみに東方の腕前は、まだ妹様に会えないレベルです。最近練習してないな。

 まぁガッカリなコスプレ写真はともかく、この間にも順調に売り上げは伸びていきます。マイミクさんも来たりして、こぢんまりした中にもなかなかの盛況具合。
 ちなみにひかりさんもこの時にはサークル巡りから戻ってきていたので、白・ひかりさん・M&Y氏で総勢4人がスペース内に。スペースの椅子は2脚しかないので、定員オーバーも良いところです。MARIMO☆カレーさんのところが一人での店番だったので一脚椅子をお借りしましたが、それでも一人は立ち番。頭数だけはいっぱしの大サークル気分だ(笑。
 でもまぁ、これなら気軽に動けるということで、店番はひかりさん他に任せて14時頃に休憩も兼ねてサークル巡りに出発。チェックしていたサークルさんは3つだけなので、これを早々に片付けると、あとはゆっくり冬コミ巡りです。


~買い物~


 今回は、とにかくアイマスとミク関連のサークルさんが多いですね。今が旬なので当たり前ですが、去年くらいにこれでもかと隆盛を誇っていたTYPE-MOON勢や東方勢を圧倒する勢いなのは素直にすごい。
 反面、自分が参加しているLeaf/Keyジャンルは寂しい限りです。いや、他のギャルゲー関連に比べればもちろん圧倒的に多いのですが、前回のサークル参加時、あるいはその前の一般参加時に比べると、明らかに数が減っています。特にLeaf関連はその傾向が著しいですね。ToHeart2では、例えばこのみ本などぜんぜん見かけませんし、草壁さん本に至っては、ウチを含めると2サークルしか出しているところがない有様。比較的多いのはAnotherDaysキャラですが、これもToHeart2全盛期のそれに比べると、ずいぶん数が少なく……。
 まぁ、ToHeart2もPS2版がリリースされてもう4年になりますし、仕方ないといえば仕方ないのですが。栄枯盛衰ですね。

 ……まぁ、寂しい話はもういいか。
 とりあえず、今回ゲットした品々を公開ですー。


■ToHeart2関連
「さんかく日和」OveR
「I'LL BE」向日葵のれん
「環さんの恋人 上」戯画すれい部
「HeartRoyal」MARIMO☆カレー

■アイマス関連
「ろぐます6」S-FORCE
「SHOCK HEARTS3」ありさんアンテナ
「AZMK(再録版)」ありさんアンテナ
「ローソン? いいえ、律子です」猫のゆりかご
「THE ALCANA M@STER」(サークル名不明)

■その他
「メイド喫茶ヴィクトリア Vol.3」Heaven stairs
「メイド喫茶ヴィクトリア Vol.4」Heaven stairs
「純粋少女培養器II」たにはらなつき
「Petit Four vol.01」たにはらなつき
「もっと!イリヤ分補完計画」PNOグループ
「ぷの缶2」PNOグループ
「わは☆ぱら」PNOグループ
「もうちょっと回復してください」ミュンヒハウゼン症候群
「でじこのほん」からすのしっぽ


収穫 ちなみに集合写真はこちらです。
 まぁ、たいした数じゃないですね。荷物増えると帰るのに苦労するので抑え気味です。














アルカナマスター あと、「THE ALCANA M@STER」という作品ですが、これはアイマスキャラを使ったタロットカードです。別写真でどうぞ。
 ちなみにこのカード、サークル名がわかりません。どなたか知りませんか。








 ともかく、以上が今回の戦利品です。どれも魂こもった作品でお腹いっぱい楽しみました。


~閉場~


 そんなこんなで買い物から戻り、あとは終了時間まで店番です。
 さすがに午後も遅い時間になると客足も途絶えますが、それでも数冊の売り上げ。なかなか今日は頑張ります。
 残念ながら最終的に完売とはいきませんでしたが、それでも数十冊を売り上げたので大満足。小規模のSSサークル、それも表紙イラストすらない地味本としては、相当頑張ったはず。うん。なにしろ、地方イベントに行くと「1冊しか売れなかった」とかありますしね……。

 そして、16時。場内アナウンスで閉場の合図です。悲しいかな、ちょうどその時段ボールを捨てに言っていたので、みんなで揃っての拍手に間に合わず(´Д⊂グスン。
 そういえば、去年参加した時も、同じく段ボールを捨てに行ってて拍手に間に合わなかったような……。い、いや、気のせいだよな、うん。


~謝辞~


 というわけで、冬コミ本番も終わって、次の日には無事帰宅できました。
 ここらで、感謝の言葉を。

 ひかりさん、今回もゲスト参加ありがとうございます。落選した夏コミ時も含めて3回目の依頼でしたが、快く引き受けてくださって感謝してます。また一緒に本作りましょー。あと、美味しいものも食べに行けると良いね。

 Sohmaさん、今回は惜しくも原稿落ちでしたが、一緒に本を作っているという実感はとても楽しい。次回は作品を出せるともっと楽しいですね。

 M氏、今回もお手伝いありがとう。忙しいとは思うけど、たまには名古屋に遊びに来なさい(笑。

 Y氏、変わった手法での客引きを見せていただきました。いろいろと勉強になります。次回はもうちょっと早くから始めて、効果のほどを実験したいですね。

 S氏、毎回毎回、ウチのスペースに来てくれてありがとうです。冬コミもそうですが、閑古鳥が鳴いてる地方イベントまで来てくれて、ねぇ。また呑みに行きましょう。

 マイミクI氏、遠路はるばるお越し頂きありがとうです。サンクリがんばれ! 時間があれば遊びにいくですよ。いつか一緒に本を作れたら嬉しいですね。

 雄太郎氏、白のおしゃべりにずっと付き合ってくれてありがとうです。またどこかでお会いしましょうね。

 スペースに来てくれたお客様、こんな小さなサークルのスペースに足を運んでいただけて本当に嬉しい! ありがとうという言葉を、桜の花びらに乗せて飛ばしたい気分です! 白がお会いできた人の道にも、お会いできなかった人の道にも、等しく幸せの白い花が咲きますように。



 以上、冬コミレポートでした。
 冬コミに参加していた皆様、本当に、お疲れ様でしたーっ!



2009年1月18日 ――白詰草


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Web拍手レス

>>うなるほど
>具体的に

禁則事項です♪


>冬コミレポート爆笑っす!やっぱ文才ある人って何を書いても面白くなるものなんですかね?(笑

なるべく退屈しないように努めて書いてますです。楽しんでいただけたようで幸せ♪
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 5

某S氏

おつかれさまでした。充実していたようでよかったですね!w
ネタに全部反応するとすげぇ長文になりそうなのでまた近いうちに呑みにいきましょう。

> ついでに帰りの切符
ウチはもうSuicaチャージして使ってます。切符買わなくていいのは大変助かる。
都内は電車で移動することが多いし、年2回くらいしか使わなくてもSuicaにしておく価値はありますよー
(名古屋近辺の名鉄/地下鉄も東京のJR/都営線の連携を見習えと思う)

> TYPE-MOON勢や東方勢
TMは「魔法使いの夜」の足音が聞こえてきているからまた盛り返しますよ!
と型月厨の俺涙目で反論。
空の境界やFate/Zeroはもう一寸盛り上がってもいいと思うんだけどなぁ(俺が知らないだけかも)
東方はジャンルとしては二日目なので三日目に見かけた分はおそらく氷山の一角です。
二日目西館は地獄のようだった、と並ぶのをあきらめた友人が申しておりました。
by 某S氏 (2009-01-19 00:20) 

かなん

はじめまして、サークルなむさん堂のものです。
製本終わってなかったのできっちり作ってきたとはいえないのですけども(苦笑)

で、誤解なさっていらっしゃるようなので訂正させていただきますと
うちの本はコンビニのコピーで作ってます。
Kinko'sを利用して作っているわけではないので、コピーという手段は同じでも、その方法が同じというわけではないですよ。
Kinko'sとコンビニ、どちらが主流かは知りませんが、コピー本は昔も今も変わらずにあるスタイルです。
同人誌の出版方法としてはメジャーですよ。
by かなん (2009-01-19 01:01) 

神居鈴

>某S木さん
>>充実していたようでよかったですね!

そっちもね! 移動代だけでいくらかかったよ。

>>近いうちに呑みにいきましょう

うぃうぃ。S浦さんが誘ってくれと言っていたので、今度は3人でどうかな。

>>東方はジャンルとしては二日目なので三日目に見かけた分はおそらく氷山の一角です

あー、そうか。あれで一角なんだ。二日目はカオスだったんだなきっと。東方は日の出の勢いだな。

>>TMは「魔法使いの夜」の足音が聞こえてきているからまた盛り返しますよ! と型月厨の俺涙目で反論

まだ良いよ型月は……。葉鍵は泣くって、もう(´Д⊂グスン


>かなんさん

うぉう、当人がいらっしゃったぞ。こりゃびっくりだ。

>>Kinko'sを利用して作っているわけではないので

ああー、これは言葉足らずでした。文意としては「その場で作成」の部分を「同一手法」と表現したかったのですが、うまいこと書けていなかったですね。誤解を招く文章で申し訳ありません。

コピ本自体はメジャーですが、その場で作成するのはあんまり意識になかったので、ちょっと珍しく思ったというわけです。実際には皆さんやってるんですかね。

何はともあれ、今後ともよろしくです。
by 神居鈴 (2009-01-19 02:02) 

かなん

こちらこそ、早とちりしてしまったようで
会場製本は、間に合わなかった場合の最終手段なので、珍しいというほど少なくはないと思いますけど、よく見かけるほど多くもないと思います。
最近はオフセット印刷もしやすくなってコピー本を出すサークルも減っているように見受けられますし。

こちらこそ、よろしくお願いします。
by かなん (2009-01-19 03:23) 

神居鈴

昔エッセイにも書きましたが、中学時代に同級生の女の子に連れられて名古屋の同人誌即売会に行ったことがあって、その時はみんなコピ本だったように覚えてます。オフセット、ましてやPP加工の綺麗な表紙なんて見かけなかったですね……。その頃に比べると、同人誌も出しやすくなったのでしょうね。

ちなみに今回、自分のところでも無料配布本をせっせと自宅生産していたのですが、「なんか本を作ってる~」みたいな感慨がありました(笑。
by 神居鈴 (2009-01-19 23:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。